【フィリピン】貿産省、登録簡素化へ電子決済3社と提携[IT](2019/09/30)

フィリピン貿易産業省は27日、商号登録のオンライン化で電子決済3社と協力覚書を交わしたと発表した。インターネット上で申請や更新、支払いが可能になり、同省の窓口で手続きをする手間が省けるようになる。

「Gキャッシュ」を開発・運営するアヤラ財閥系のグローブ・フィンテック・イノベーションズ(ミント)、通信大手PLDT傘下で「ペイマヤ」を手掛けるペイマヤ・フィリピンズ、「リンクビズ」を運営するフィリピン土地銀行(ランドバンク)の3社と覚書を交わした。

行政サービスの自動化について、ロペス貿産相は「省内の窓口で行列を作り、非効率なサービスを受ける必要がなくなる」と説明。「容易で迅速に手続きができる、よりよいサービスを提供していく」と述べた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント