【台湾】高鉄延伸路線、「左営案」に決定=29年開通[運輸](2019/09/30)

台湾交通部(交通省)は27日、台湾高速鉄道(台湾高鉄)の南部・屏東県への延伸計画について、現在の南部終着駅である高雄市左営駅から屏東県六塊厝農場に設ける新駅まで延伸する「左営案」を採用する方針を固めた。総工費は554億台湾元(約1,930億円)を予定し、29年末の開通を目指す。27日付中央通信社などが伝えた。

左営案では、屏東県の六塊厝農場に新駅「高鉄屏東駅」を建設した上で、左営駅から高鉄屏東駅までの路線を新設する。延長距離は17.5キロメートルで、延伸部分の走行時間は約10分。

計画の細部は、交通部鉄道局が今後、台湾高鉄や台湾鉄路(台鉄)などと協議して決める。10月には行政院(内閣)に計画を提出し、遅くとも1年半後に着工する予定。29年の開通を目指す。工費の財源は、行政院が交通部の策定した計画を基に最終的に決定する。

交通部の黄玉霖・政務次長(次官)は左営案を採用した理由について、「延伸先地域の発展など期待できる経済効果の程度を考慮した」と説明した。加えて、将来的に台湾高鉄を高鉄屏東駅から屏東県にある台鉄の駅「潮州駅」まで延伸する可能性も示した。実現すれば、西側は台湾高鉄、東側は台鉄による台湾本島の環状線網を形成できるという。

交通部は今回、左営案のほか◇北高雄駅~高鉄屏東駅の燕巣案◇左営駅~高雄駅~高鉄屏東駅の高雄案◇左営駅~高雄小港空港駅~潮州駅の小港潮州案――の3案も検討。高雄案も有力視されたが、高雄市の市街地を通る路線の地下化工事が長期化するとみられ、却下された。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント