【台湾】ゴゴロ、車体80キロの軽量型モデルを発表[車両](2019/09/27)

79e0373b 25e9 4a2b 844a fe2d0da61865
新モデル「Gogoro VIVA」を発表したゴゴロの陸学森CEO(左から3人目)=26日(同社提供)

新モデル「Gogoro VIVA」を発表したゴゴロの陸学森CEO(左から3人目)=26日(同社提供)

電動スクーター「Gogoro Smartscooter(ゴゴロ・スマートスクーター)」を展開する睿能創意(ゴゴロ)は26日、新モデル「Gogoro VIVA(ゴゴロ・ビバ)」を発表した。短距離移動を中心とするユーザーをターゲットとし、電池を含めた車体重量を80キログラムに抑えたのが特長。政府や自治体の各種補助金が適応された場合、最低価格は2万5,980台湾元(約9万100円)で、同日から販売を開始している。

同モデルはタイヤ幅10インチ、座席の高さ74センチメートルのコンパクトな設計で軽量化を実現した。全5色をそろえた。1回のバッテリー交換で、約85キロメートル走行することができる。

動力システムもスマート化した。エンジンオイルや冷却液を補充する必要をなくし、6カ月に1回程度の点検のみを必要とする。

ゴゴロは、ファッション誌「VOGUE(ヴォーグ)」が9月27日から10月20日まで台北市信義区で開くイベントにゴゴロ・ビバを出展。試乗体験イベントなども行う予定という。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント