【台湾】高雄市、旅行客呼び込みに無料宿泊も用意[観光](2019/09/26)

高雄市政府観光局は24日、今秋と今冬に実施する予定の観光客への優遇策を発表した。優遇策の策定に当たっては、地元の宿泊業者や夜市の商店と提携。宿泊業者の中には宿泊費無料を打ち出すところもあるほか、大手観光ホテルも割引券の進呈を予定している。25日付工商時報などが伝えた。

高雄市観光局の邱俊龍・代理局長によると、289軒の宿泊業者が今回の優遇策に参画。このうち28軒が対象者数限定の無料宿泊プランを提供する。

その他多数の宿泊業者が宿泊客に対し、およそ500~1,000台湾元(約1,730~3,460円)の宿泊費割引券を進呈する。進呈する業者には、「漢来大飯店(グランド・ハイライ)」や「高雄国賓大飯店(高雄アンバサダーホテル)」、「高雄福華大飯店(ハワードプラザホテル高雄)」などの大手ホテル業者が含まれる。

邱代理局長によると、今年上半期(1~6月)の高雄市内の宿泊客数は前年同期比21%増の延べ458万人。今年春に台湾政府が実施した域内旅行の優遇策が宿泊客数を押し上げたとみられる。市政府は今回の独自の優遇策で、宿泊客のさらなる増加を狙う。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント