【台湾】中東6カ国ビザ免除検討、高所得層誘致へ[観光](2019/10/02)

台湾の行政院(内閣)がこのほど、外交部(外務省)に対し、中東6カ国からの訪台観光客に関してビザ(査証)免除を検討するよう指示したことが明らかになった。中東の高所得層の誘致を狙う。1日付工商時報が伝えた。

対象地域は、サウジアラビア、カタール、オマーン、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、クウェートの6カ国。

行政院の関係者は、「中東の産油国は国民所得が高く、海外旅行での消費力も強い」と指摘。6カ国からの訪台客誘致を促進することで、観光業界の消費押し上げが期待できるとの見方を示した。

台湾政府は2016年から中東6カ国に対して、インターネット上での電子ビザの申請・取得を可能としている。

交通部(交通省)観光局によると、今年1~8月の中東からの訪台客数は前年同期比6.9%増の1万5,284人だった。

台湾政府は、中国政府の中国人訪台規制を受け、下半期(7~12月)に約40万人の中国人客を失うとみている。その穴埋めのため、海外客誘致の施策を実施する方針を示していた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント