【香港】月餅の大班、本土から締め出し=デモ支持で[社会](2019/09/05)

中国本土の小売業者が、香港の大手製菓・製パン業者、大班麺包西餅(タイパン・ブレッド・アンド・ケークス)の商品の販売を取りやめているようだ。中国共産党機関紙の人民日報が、香港で続く抗議活動を支持し、政府や警察を愚弄(ぐろう)したなどとして、取締役の郭勇維氏を強く非難していた。サウスチャイナ・モーニングポストなどが伝えた。

大班は本土の大手通販サイト「天猫(Tモール)」や「京東(JD.com)」から締め出されたもよう。各サイトで大班のブランドを検索しても見つからない状況だ。北京、上海、広州、深センなどのスーパーマーケットでも同社の商品の販売が停止されたという。

人民日報は2日に掲載した記事で郭氏を批判。郭氏のフェイスブックの投稿から、「人間の鎖」活動に参加する市民の様子を撮影した写真の投稿などを取り上げた。

郭氏は8月30日に謝罪文を投稿し、フェイスブックの投稿は個人的なもので大班とは関係がないと釈明。大班も中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」の同社アカウントに郭氏の謝罪文を掲載し、同氏の発言は会社の姿勢を反映するものではないと説明した。だが謝罪文を出した後も、本土のインターネットユーザーは依然として反発を強めており、ボイコットも呼び掛けられた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント