【香港】社会不安が保険業界に影響も、金融大手分析[金融](2019/08/01)

スイス金融大手クレディ・スイスは最新の企業分析リポートで、「逃亡犯条例」改正案をめぐる香港の社会不安が生命保険大手AIAグループ(友邦保険控股)の今年下半期(7~12月)の業績の重しになる可能性を指摘した。7月31日付香港経済日報が伝えた。

クレディ・スイスが注目するのは、AIAの業績にとって香港の保険事業が占める貢献度が最も大きいことだ。2018年の香港の保険事業の新契約価値(VNB)は、同社全体の41%を占めた。香港の保険会社のVNBは、中国本土の消費者が香港を訪れた際に資産運用の目的で購入する保険が底上げしている。だが、クレディ・スイスが本土の保険代理会社から聞き取りをしたところ、多くの本土客が長引くデモの影響で渡航を延期したり、キャンセルしたりし、7月の保険販売が減少していることが確認されたという。混乱が長期化すれば、影響はさらに拡大する見通しだという。

もっともクレディ・スイスは、香港の保険商品は、本土の消費者にとって資産運用を多様化する選択肢の一つで、補償内容も充実していると説明。需要は根強く、混乱が収束すれば成長を回復できると強調した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント