【カンボジア】プノンペンキャピタル、物流会社に出資[運輸](2019/07/31)

カンボジアのプノンペン・ランド・キャピタル・インベストメントは29日、同国の物流会社マリン・ベイ・キャピタルに525万米ドル(約5億7,100万円)を出資することで合意した。クメール・タイムズ(電子版)が30日伝えた。

プノンペン・ランド・キャピタルのウィルソン・フー最高経営責任者(CEO)は、「マリン・ベイ・キャピタルへの投資はカンボジアでの事業拡張計画の一環」と説明。「同社の実績や先端技術の活用状況などを見て投資を決めた」と述べた。

マリン・ベイ・キャピタルは、資金を首都プノンペンでの物流センターの増設などに充てるもよう。タイ・オードム会長兼CEOは「投資を事業の拡大に充て、カンボジア経済と物流部門の発展に貢献する」と述べた。

プノンペン・ランド・キャピタルは、マリン・ベイ・キャピタル以外にもカンボジアで18社・分野に投資している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント