【カンボジア】保険BIMA、電子決済パイペイと提携[金融](2019/07/30)

オンラインで少額の保険商品を販売するBIMAカンボジアは、電子決済大手パイペイと提携することで合意した。26日に調印した覚書に基づき、パイペイのアプリを通じたBIMAの保険商品購入や保険料の支払いが可能になる。

BIMAカンボジアのキム・トル・アム最高経営責任者(CEO)は「パイペイとの提携により、当社商品へのアクセスが容易になるだけでなく、支払い方法も簡略化されるため、契約増が見込める」との期待を表明。パイペイのトーマス・ポコーニーCEOは、「当社のアプリを通じて簡単に保険契約を結ぶことが可能になり、現金支払いの手間を省くことなどで、国民の間で保険が普及する契機になる」との見方を示した。

BIMAが提供する保険の月間支払額は最低1米ドル(約109円)から。月2米ドルの保険料支払いで、損害保険では最大5,000米ドル、生命保険では同2,000米ドルが補償される。

BIMAはスウェーデンに本拠を置き、主にスマートフォンなどを通じて保険商品を販売。アジアやアフリカ、南米などの13カ国で事業を展開し、2014年からカンボジアで営業を開始した。クメール・タイムズ(電子版)によると、カンボジアでの顧客数は50万人以上に達し、保険料の請求額はこれまでで100万米ドルを超えているという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント