【シンガポール】ジェットスター、沖縄路線を10月から週5便[運輸](2019/07/29)

シンガポールに本拠を置くオーストラリア・カンタス航空系の格安航空会社(LCC)ジェットスター・アジアは、シンガポールと沖縄・那覇を結ぶ直行便を10月29日から週5便に増便する。同路線の旅客需要が拡大していることが背景にある。

現在は月、木、金、日曜の週4便を運航しているが、シンガポールのスクールホリデーに合わせて火曜にも1往復運航する。増便分の運航スケジュールは、往路がシンガポールを午前2時に出発し、那覇に同8時着。復路は那覇を午前9時に出発し、午後1時25分にシンガポール着となる。

ジェットスター・アジアは17年11月、シンガポールの航空会社で初めてシンガポール―沖縄間の定期直行便を開設。18年11月には週3便から4便に増便していた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント