【韓国】現代グロービス、ベトナム物流法人を設立[運輸](2019/07/29)

韓国・現代自動車グループの物流会社、現代グロービスは25日(現地時間)、ベトナム・ハノイに現地法人「現代グロービス・ベトナム」を設立した。東南アジアで法人を設立するのは初めて。東南アジア諸国連合(ASEAN)各国への事業拡大の足がかりとしたい考え。

ベトナム法人では、自動車および非自動車物流事業のほか、現地での新事業開拓も行う。手始めに、現代自が現地のタインコングループと合弁で設立した車両組み立て工場に部品を輸送する計画だ。

2020年上期にはホーチミンに営業事務所を設立予定。ハノイ法人は自動車物流を、ホーチミン事務所は南部地域で現地企業やベトナムに進出した海外企業を対象に、食品や繊維、衣料など消費財を中心とした物流事業を展開する。ベトナムは高温多湿な気候のため、食品や医薬品の低温物流にも注目しているという。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)によると、ベトナムの物流市場は年600億米ドル(約6兆5,145億円)規模。17年以降は年平均15~20%成長している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント