【韓国】LGが米社に出資、コインランドリーで協力[IT](2019/07/23)

韓国LG電子が、スマートフォンを使った予約・決済が可能なコインランドリーを運営する米スタートアップ、ワッシュラバに出資したことが22日分かった。出資額や出資比率は未公表。

利用者はスマホを通じて洗濯機や乾燥機の空き時間を確認できるため、待ち時間を短縮できる利点がある。LG電子は同社に自社洗濯機や乾燥機を供給する計画だ。同社のトッド・ベルヴィール最高経営責任者(CEO)は、「当社のモノのインターネット(IoT)をはじめとする技術力と、LG電子のブランド力との相乗効果が期待できる」とコメントしている。

2017年設立のワッシュラバは現在、全国6カ所でコインランドリーを運営している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント