【インド】駐在員生活費、印はムンバイが引き続き首位[経済](2019/06/27)

438d50fa 811f 4809 a6d3 1f0a05cb61b3

米コンサルティング大手マーサーが26日発表した「2019年世界生計費調査」で、インドでは西部ムンバイが67位となり、18年に続き最も高かった。18年調査からは12ランク下がった。

マーサーは世界209都市を対象に住居、交通、食料、衣料、娯楽などの200品目以上の商品・サービスの価格を調査。ニューヨークを100として指数を算出し、比較した。

インドではほかに、首都ニューデリーが118位、南部チェンナイが154位、同ベンガルール(バンガロール)が179位、東部コルカタが189位だった。いずれも18年から順位を下げており、ニューデリーは15位と大きく下落した。

世界トップは18年と変わらず香港。東京、シンガポール、ソウル、チューリッヒ、上海などと続いた。インド以外の南アジアの都市では、ダッカが47位となり、18年の66位から急上昇した。このほか、コロンボ(182位)、イスラマバード(203位)、カラチ(207位)と続いた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント