【香港】雑貨の名創優品、香港か米国でIPO計画[商業](2019/06/27)

中国本土系の雑貨チェーン「名創優品(MINISO、メイソウ)」がIPO(新規株式公開)で10億米ドル(約1,073億円)の調達を目指しているもようだ。上場先は香港か米国が有力視されている。26日付明報などが外電を引用して伝えた。

名創優品は上場についてコメントを控えているものの、複数の銀行に向けて上場計画を説明しているとされる。明確なタイムスケジュールはまだ定まっていないが、最短で来年に上場するとの見方もある。今回の報道では、全体上場なのか、あるいは一部事業の分割上場なのかについては触れていない。

名創優品のホームページによると、同社は日本のデザイナー、三宅順也氏と、中国の企業家、葉国富氏が共同で創業した。日本などで商品をデザインし、中国、米国、アラブ首長国連邦(UAE)、ロシアなど80カ国・地域に約3,500店を構える。18年の売上高は25億米ドルあまりだった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント