【ミャンマー】スー・チー氏が74歳に、NLDが記念植樹[政治](2019/06/20)

ミャンマーの政権与党、国民民主連盟(NLD)は、同党を率いるアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が19日に74歳の誕生日を迎えるに当たり、国内7管区で記念の植樹を行うよう各党支部に指示した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が18日伝えた。

植樹は森林再生が目的。植樹される木の種類や本数は指定されないが、党支部は継続して世話をすることが求められ、一定期間後にもっともうまく育てた支部は表彰される。また19日には、党中央女性委員会が党本部で僧侶らにお布施を行う。

スー・チー氏は昨年は、首都ネピドーで閣僚らと誕生日を祝った。ミャンマーの国民の多くは毎年、スー・チー氏の誕生日は寺院に寄付をするなどして祝意を表する。

スー・チー氏は、1945年に建国の父として仰がれる故アウン・サン将軍の娘として、現在の中部エヤワディ管区に生まれた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント