【香港】イケア、ロボット家具を香港で来年発売[商業](2019/06/10)

スウェーデンの家具販売大手IKEA(イケア)はこのほど、狭い居住スペース向けのロボット家具「ROGNAN」を、世界に先駆けて香港と日本で2020年に発売すると発表した。

ロボット家具を開発する米スタートアップ企業のOriと共同で開発した。イケアは、都市人口の増加により生活空間が縮小していることを受け、狭くても機能や理想で妥協しない居住スペースの活用法を模索していたという。

イケアの商品開発担当者によると、ROGNANを使えば、ボタンを押すだけで部屋を寝室からウオークインクローゼット、仕事場、リビングルームに変化させることができ、居住スペースを8平方メートル節約することが可能。家具を小さくするのではなく、その時々で必要な機能を家具に持たせた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント