【香港】三井住友海上、香港で異常気象対応の保険[金融](2019/06/03)

三井住友海上火災保険の香港法人である三井住友海上火災保険(香港)(MSIG香港)はきょう3日から、香港の事業者を対象とした異常気象に対応する保険商品「天候指数保険」の販売を開始する。さまざまなオーダーメードが可能で、同様の保険商品は香港の日系損保で初めての取り扱いとなる。

天候指数保険は、台風や集中豪雨、冷夏などの気象現象に対応する。一定地域の降水量、風速、気温などの観測値に基づき保険金を支払うため、企業が被る収益減少や費用増大などに備えることができる。例年より降水量が多く、来客数が減ってしまった際の売り上げ減少なども対象となる。

交通機関、レジャー施設、ホテル、百貨店や多店舗展開する小売店など、気象変動の影響を受けやすい企業に対し、オーダーメードでサービスを提供する。最低保険料は1,000万円から。初年度は10件以上の成約を目指す。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント