【マレーシア】航空委、6月より運賃全額の表示義務付け[運輸](2019/05/28)

マレーシア航空委員会(MAVCOM)は24日、航空会社に対し、宣伝広告や請求書での航空運賃の表示に関して、税金や手数料、燃油サーチャージなど全ての諸経費を含めた最終価格の提示を6月1日より義務付けると発表した。航空消費者保護規則(MACPC)に基づく措置となる。

最終価格とは航空券を購入する際に航空会社に支払う総額で、MAVCOMは「基本運賃と空港使用税や手数料といった諸経費に加え、(これまで表示が不透明だった)カードの支払い手数料などが明らかになる」としている。航空券の払い戻しについても厳格化した。

購入者が搭乗しなかった場合、払い戻し請求すれば、その日から30日以内に航空会社や旅行代理店は払い戻しに応じなくてはならない。払い戻しの対象は、空港税(旅客サービス料、PSC)、手数料など。払い戻しの可否については法に準拠し、航空会社は返金のきかない料金体系の場合、発券済み航空券の取消手続料として運賃全額の最大5%まで徴収できる。

MAVCOMのヌンサリ・アフマド・ラディ会長は「航空会社は旅行者に対し適切に情報開示しなくてはならない。(今回の措置は)消費者の利益を保護するだけでなく、航空業界全体の進展につながる」と述べた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント