【台湾】天皇皇后即位報告会、元副総統など200人来場[社会](2019/05/27)

330218a0 20fc 4502 a81f ea5133680d13
天皇皇后両陛下の即位を報告する日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表=24日、台北(NNA撮影)

天皇皇后両陛下の即位を報告する日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表=24日、台北(NNA撮影)

日本の対台湾窓口機関である日本台湾交流協会は24日、台北市内のホテルで「天皇皇后両陛下御即位報告会」を開催した。連戦・元副総統、宋楚瑜・親民党主席、王金平・前立法院長(国会議長)、張博雅・監察院長、呉ショウ燮(ショウ=金へんにりっとう)・外交部長(外相)など約200人が来場し、天皇皇后両陛下の即位を祝った。

日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表は、天皇皇后両陛下の即位を報告するとともに、新元号「令和」の出典などを紹介。また令和時代の日台関係については、「日台関係の真価が問われる時代になる」と指摘した上で、「感染症対策や地球温暖化、海洋資源の管理などのグローバルな課題に対し、共に協力し課題解決に取り組んでいきたい」と述べた。

来賓として登壇した対日交流窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁会長は、「両国間の友情がますます発展し、さまざまな分野において協力・連携を強化していくことを期待している」とスピーチした。

日本台湾交流協会は2003年から18年まで、天皇誕生日祝賀レセプションを毎年開催している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント