【シンガポール】資生堂が新施設、がん患者向け化粧など提供[化学](2019/05/14)

269a90ae 4e71 467b 89ce 8c6e981f5ad8

資生堂は13日、シンガポール中心部で「資生堂ライフクオリティー・ビューティーセンター」を開設したと発表した。やけどや傷跡、がん治療の副作用などに対する特別な化粧サービスを提供する。同様の施設の開設は海外4カ所目、東南アジアでは初となる。

中心部のセシル・ストリートにある商業ビル「フレイザーズ・タワー」の15階に開設した。

あざ、濃いシミ、白斑、傷痕、くすみ、がん治療の副作用による外見上の悩みに対応した特別な化粧サービス「アピアランスケア」を提供。サービスは完全予約制で、顧客の悩みに合わせたメーキャップ方法を無料でアドバイスする。

資生堂がシンガポールで販売している「パーフェクトカバー・ファンデーションMV」の7色に、5色を追加。全12色でさまざまな肌の色の顧客に対応する。

資生堂は社会的責任(CSR)活動の一環として、アピアランスケアのグローバル展開に力を入れている。

創業の地である東京・銀座のほか、中国・上海、香港、台湾でもライフクオリティー・ビューティーセンターを開設している。

資生堂がシンガポールで開設したライフクオリティー・ビューティーセンター(同社提供)

資生堂がシンガポールで開設したライフクオリティー・ビューティーセンター(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント