【マレーシア】ペナン州、今後5年で州内の禁煙化推進へ[社会](2019/05/07)

マレーシア・ペナン州は今後5年間で、州内の禁煙化を推進する。喫煙禁止区域を現在の100カ所からさらに拡大する方針だ。6日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

ペナン州の保健・農業・農業関連産業・地方開発委員会のアフィフ・バハディン委員長によると、現在同州内では、飲食店のほか、6つの州立公園や宗教施設などを喫煙禁止区域に指定している。州立公園の禁煙化は2012年から実施している。

州内全域で喫煙禁止区域を拡大する一方で、喫煙者にも配慮し喫煙所も設けて分煙化を進める。

アフィフ委員長は「マレーシア人が海外に渡航した場合、各国の禁煙ルールに従っているはずだ。国内では従えないということはないだろう」と話し、禁煙化には喫煙者の理解を得ることが大切だと話した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント