【インド】高速鉄道公社、33人が日本語研修を修了[運輸](2019/05/06)

Af0c25e6 a0dc 4b2e 988b 7ca90f033869
日本語研修プログラムを修了した国家高速鉄道公社の職員(同公社提供)

日本語研修プログラムを修了した国家高速鉄道公社の職員(同公社提供)

インドの国家高速鉄道公社(NHSRCL)は3日、33人の職員が日本語と日本文化に関する研修プログラムを修了し、国際交流基金から証明書を受け取ったと明らかにした。西部ムンバイ―アーメダバード間で計画される高速鉄道の建設では日本の新幹線方式を採用するため、NHSRCLは職員の日本語研修を進めており、昨年は35人が同様の証明書を取得した。

NHSRCLは声明で、「新幹線技術の導入に必要な日印の関係者間の連携が、日本語の習得と日本文化への理解で促進される」と指摘。全ての職員を対象に、今後も同様のプログラムを実施していく方針を示した。

NHSRCLによると、駅周辺の開発、顧客対応、鉄道の運営・管理などさまざまな分野で、現在までに87人余りの職員が日本で研修を受けた。今年はさらに2陣に分かれ、計60人が同様の研修を受けるという。

職員の日本語教育を進める一方で、NHSRCLは日本語能力を有する求職者を優先して採用する。日常的な場面で使われる日本語をある程度理解できる日本語能力試験(JLPT)の「N3」レベル取得者を対象に、向こう1~2年に採用活動を行う方針だ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント