【インド】オヨとソフトバンク、日本でホテル事業参入[観光](2019/04/09)

インドの低価格ホテルチェーン「OYO(オヨ)」を運営するオヨ・ホテルズ・アンド・ホームズは、ソフトバンクおよび同社の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」と、合弁会社オヨ・ホテルズ・ジャパンを5日に設立し、日本でホテル事業へ参入することを発表した。出資比率は非開示。

オヨの広報担当者プラシダ・メノン氏は、「日本での具体的な展開時期、規模、場所などは今後詰めていく」とした上で、日本の既存ホテルをオヨがフランチャイズ化することで、世界的に統一されたオヨのサービスを日本でも展開していくと話した。

同社によると、オヨは南アジア最大、世界6位のホテルチェーン。3月には日本のヤフーと合弁会社を設立し、日本で賃貸住宅事業へ参入した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント