【香港】アプリで現金引き出し、スタンチャート[金融](2019/03/19)

英系金融大手スタンダード・チャータード銀行(香港)は18日、スマートフォンのアプリを使って現金自動預払機(ATM)から現金を引き出せるサービスを始めたと発表した。顧客に対する利便性向上策で、利用者は銀行カードを持たずに済む。

スタンチャートのアプリ「SCモバイル」の機能を使って、ATMに表示される二次元コードを読み込めば、現金を引き出すことができる。域内全てのATMが対象。香港ドルと人民元に対応し、1日当たりの引き出し限度額は1万HKドル(約14万2,000円)相当まで。安全面にも配慮し、二次元コードは取引ごとに交換する。

スタンチャートは業務のデジタル化に注力しており、今回のサービスもその一環。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント