【香港】香港の1月輸出、3カ月連続のマイナス[経済](2019/02/27)

Bddf4344 c29f 4e5c a8bc d4404018434f

香港政府統計処は26日、1月の輸出額が前年同月比0.4%減の3,487億100万HKドル(約4兆9,200億円)だったと発表した。3カ月連続のマイナス。前月比では2.6%増えた。

輸入額は前年同月比6%減の3,590億HKドルで、マイナスは2カ月連続。貿易収支は102億9,900万HKドルの入超だった。

輸出先別にみると、全体の52.7%を占める中国本土は3.9%減の1,838億2,100万HKドルとなり、全体の下げ要因。米国も5.8%減の283億1,800万HKドルだった。インドは35.2%減、台湾は18.6%減と下げ幅が目立った。

一方、日本は2.4%増の121億9,500万HKドルと堅調。前月のマイナスからプラスに転じた。シンガポール(17.9%増)、マカオ(26.8%増)、オランダ(17.5%増)もそれぞれ2桁伸びた。

輸入元別では主要10市場が全てマイナス。全体の49.4%を占める本土からが1.6%減の1,773億3,200万HKドル、米国からは9.5%減の161億9,300万HKドルとなった。台湾も11%減った。

日本からは14.2%減の163億2,600万HKドルと3カ月連続のマイナス。韓国(36%減)やインド(34.6%減)、スイス(17.5%減)も不振だった。

政府報道官は「主要貿易取引先の経済成長鈍化が今後の香港の輸出に圧力をもたらす」との見方を示した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント