【ベトナム】商工省とアマゾン、まず100社の輸出促進[経済](2019/02/22)

ベトナム商工省貿易促進局(Vietrade)と米インターネット通販大手アマゾン・コムの「アマゾン・グローバル・セリング」は今月27日にハノイで、「アマゾン上での電子商取引(EC)を通じた輸出」をテーマとしたセミナーを開催する。両者は1月にベトナム企業の輸出促進を図る計画を発表しており、これが最初の活動となる。20日付ダウトゥ電子版が報じた。

両者は、ベトナム企業への輸出促進支援を具体化するため、アマゾンがオンライン販売する際の基準を満たした製品を生産している中小企業100社を、試験的に選定した。選ばれた100社は今後、専門家の助言を受けながらアマゾンのオンライン販売や輸出入などの手続き、製品開発、ブランド構築などに取り組むことになる。

貿易促進局とアマゾンの協力は、◇ベトナム企業、とりわけ中小企業の世界市場へのアクセスを支援◇アマゾンのEC環境におけるベトナム企業と製品のブランド構築◇中小企業に対するECや輸出促進に関する研修の実施――を3本柱としている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント