【インド】フォード、新型アスパイアにCNGモデル[車両](2019/02/19)

01e8c0e6 5de1 4056 99a0 dc44378a77d4
フォードが発売した「アスパイア」のCNG対応モデル(同社提供)

フォードが発売した「アスパイア」のCNG対応モデル(同社提供)

米フォード・モーターは15日、インドで小型セダン「アスパイア」の圧縮天然ガス(CNG)対応モデルを発売した。安全性能や燃費効率などをPRし、一般消費者向けのほか、フリート需要を取り込む考えだ。

新型アスパイアCNGは「アンビエンテ」と「トレンドプラス」の2グレードあり、価格はそれぞれ62万7,414ルピー(約97万円)、71万2,314ルピー。フォードによると、小型のCNG対応セダンとしては初めて、運転手と助手席のエアバッグを標準装備する。操作性を向上させるフロントスタビライザーバーなども搭載し、「クラス最高水準の安全性」をアピールする。

車両は西部グジャラート州のサナンド工場で生産。国内のほか、海外市場にも出荷する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント