【インドネシア】ダイハツ小売り台数、1月はシェア18.7%[車両](2019/02/21)

96cf393f 12b1 459a bc8b dea9833dd3ed

ダイハツ工業のインドネシア現地法人アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)の1月の新車販売台数(小売りベース)は、1万6,274台だった。同社が発表した昨年1月の販売台数と比較すると2%増の微増だった。市場シェアは18.7%。

ADMによると、販売台数の内訳は、政府推奨の低燃費小型車「ローコスト・グリーンカー(LCGC)」適合車で、7人乗りのエントリー多目的車(MPV)「シグラ」が4,260台で全体の26%を占めた。これに、小型商用車「グランマックス」のピックアップモデル(PU)が3,424台(21%)、中型スポーツタイプ多目的車(SUV)「テリオス」が2,426台(15%)で続いた。

1月の卸売り販売台数は1万4,769台、シェアは18.1%だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント