【シンガポール】オネストビーが東京で新サービス、飲食店に誘客[商業](2019/02/19)

食料雑貨などの買い物代行サービスを手掛けるシンガポールのオネストビーの日本法人は18日、東京の100店以上のレストランが参画する「1FOR1(ワンフォーワン)」(1品注文するともう1品が無料になる仕組み)サービス「beeHive(ビーハイブ)」を開始した。レストランの来客誘致を支援するのが狙いだ。

ビーハイブは、年会費4,980円(税込み)を支払えばワンフォーワンを利用できるサブスクリプション(定額制)型サービス。利用可能地域は東京23区内で、オネストビーの無料アプリか専用サイトから登録できる。

日本国内の外食業界は業績不振が目立っており、2018年は店舗(テイクアウト・サービスを提供するファストフード店を除く)への来客数も伸び悩んだ。オネストビーではこれまで、レストランの料理を顧客に配達するサービスを提供する中で、店舗側から「来客数を増やしたい」との声が多く寄せられていた。こうした要望に対応するため、ビーハイブの提供を決めた。今後は加盟レストランをさらに増やす計画だ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント