【インドネシア】1月二輪車販売台数、18%増の57万台[車両](2019/02/11)

64434e87 d897 406e b5b3 d59732088349

インドネシア二輪車製造業者協会(AISI)によると、1月の国内二輪車販売台数(販売店への出荷ベース、確定値)は、前年同月比18%増の56万9,126台だった。輸出台数は76%増の6万7,016台。販売台数の88%、輸出台数の72%をスクーターが占めた。

販売台数は、ヤマハ以外の4メーカーが前年同月から成長した。首位のホンダは28%増。このうち76%が排気量125cc以下のスクーターだった。

TVSは4.6倍に急増し、2018年通年の販売台数(331台)の43%に当たる143台を販売した。

5メーカー全てが前年同月から輸出台数を増やした。カワサキが3.1倍、ホンダが2.8倍に拡大した。カワサキは全台数が200cc以下のスポーツタイプ、ホンダは70%が125cc以下のスクーターだった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント