【カンボジア】JCB、アクレダ銀とデビットカード発行[金融](2019/02/07)

C537c9fc fd65 4287 b067 5c6d97f755f8

JCBは6日、カンボジアの商業銀行最大手アクレダ銀行と提携してデビットカードの発行を開始したと発表した。カンボジアの金融機関によるJCBカード発行は初めてとなる。

アクレダ銀とJCBの海外事業子会社JCBインターナショナル(JCBI)による「アクレダJCBデビットカード」は、口座引き落とし通貨として米ドルか現地通貨リエルを選択できる。アクレダ銀行が発行するカードで、リエルで口座引き落としができる初めてのカードとなる。

2社は5日、カード発行を記念したイベントを首都プノンペンで開催した。アクレダ銀のイン・チャンニー頭取は、「アクレダ銀の現金自動預払機(ATM)カードが、JCBとの共同ブランドのデビットカードとなることで、アクレダ銀の国内ネットワークを通じた決済だけでなく世界各地でカード支払いが可能になる」とメリットを強調した。

アクレダ銀は1993年の設立で、顧客数は250万人。JCBとは2014年から加盟店業務について提携している。

JCBとアクレダ銀行は共同ブランドのデビットカード発行を開始した(アクレダ銀行提供)

JCBとアクレダ銀行は共同ブランドのデビットカード発行を開始した(アクレダ銀行提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント