【インド】スリランカ鉄道、インド製列車の運行開始[運輸](2019/01/30)

スリランカ鉄道は、インド政府の資金援助を受けて調達した列車の運行を開始した。車両の生産を手掛けたのは、インド国鉄の車両製造部門インテグラル・コーチ・ファクトリー(ICF)。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が28日に伝えた。

スリランカ鉄道は2017年3月、インド政府からの譲与的融資を受け、インド国鉄と動力分散型電気式ディーゼル気動車(DEMU)6両と客車78両の調達契約を締結。在スリランカのインド高等弁務官事務所によると、昨年11月に初回分となるDEMU1両と客車13両が輸出され、先に最大都市コロンボ―北部カンケサンチュライ間で運行を開始した。

輸出された車両は世界水準の設備が整っており、衛星利用測位システム(GPS)を活用した運行情報表示システムなども装備している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント