【インドネシア】エクスパンダー、今年は11.5万台の生産目標[車両](2019/01/22)

三菱自動車のインドネシア製造会社、ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア(MMKI)は今年、小型多目的車(MPV)「エクスパンダー」の生産ラインをフル稼働させる。目標年産台数は11万5,000台。インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)によると、昨年のエクスパンダーの生産台数は10万7,702台だった。

MMKIは2020年までに年産能力を22万台に拡大する計画で、このうちエクスパンダーの年産能力を39%増の16万台まで増やす。

エクスパンダーの昨年の販売台数(ディーラーへの出荷ベース)は7万5,075台。トヨタの小型MPV「アバンザ」に次いで車種別の販売台数が2位だった。輸出台数は2万7,342台で、ベトナムやタイ、フィリピン、エジプトなどに輸出した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント