【韓国】多重衝突考慮したエアバック、現代自が開発[車両](2019/01/22)

D0dffaf7 11f2 47a5 b8bd 14f190bb3f77

韓国完成車最大手の現代自動車は21日、事故発生時に複数回衝突する「多重衝突」を考慮したエアバックシステムを業界で初めて開発したと発表した。

多重衝突とは、衝突事故が起きた後にさらに別の車や建物、交通インフラに衝突するケースを指す。

これまでのエアバックは、衝撃の大きさなどは考慮されず、衝突により一定の力が加わった場合のみ作動した。現代自の開発したエアバックシステムは、最初の衝撃で搭乗者の姿勢が不安定になったかどうかや車両の速度といった状況を分析し、2回目の衝撃時にエアバックが作動しやすいように自動調整されるという。

現代自は「多重衝突に備えたエアバックシステムの開発で、事故による死亡率を下げることができるだろう」と説明した。

同社によると、北米では2000年から12年に起きた5万6,000件の事故を分析したところ、多重衝突事故は3割に上った。韓国国内では、中央分離線を超えた衝突や高速道路で料金所や中央分離帯に衝突する事故が多い。

現代自は韓国内外の事故状況を分析し、多重衝突に備えるエアバックシステムを開発(同社提供、写真はイメージ)

現代自は韓国内外の事故状況を分析し、多重衝突に備えるエアバックシステムを開発(同社提供、写真はイメージ)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント