【マレーシア】マラヤ大、新興国の大学ランキングで18位[社会](2019/01/17)

英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」が発表した「新興国大学ランキング2019」でマレーシアのマラヤ大学がこれまでで最高位となる18位にランクインした。18年の27位から9ランク上昇した。

16日付スターによると、マラヤ大学は全ての評価項目で昨年のポイントを上回り、特に「国際性」「教育環境」の2項目の伸びが大きかった。THEで編集委員を務めるエリー・ボスウェル氏は同大学について、「来年は『研究環境』、特に収益と研究発表量に注力するとランク向上につながる」とコメントした。

マレーシアからはマラヤ大学を含む11校が選出された。トップ100位に3校、トップ200に8校が入った。トップ100位にはマラヤ大学のほか、ペトロナス工科大学(UTP、60位)、マレーシア工科大学(UTM、86位)がラインクインした。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント