【中国】トヨタ新車販売、18年は14%増の147.4万台[車両](2019/01/09)

8a2f20d7 d77c 41ca aa07 3d3f296c2b9b

トヨタ自動車の中国法人、豊田汽車(中国)投資は8日、中国における2018年の新車販売台数が前年比14.3%増の147万4,500台だったと発表した。目標の140万台を上回り過去最高となった。

チャンネル別では、中国第一汽車集団との合弁の一汽豊田汽車(一汽トヨタ)が2.0%増の72万300台、広州汽車集団との合弁の広汽豊田汽車(広汽トヨタ)が31.6%増の57万9,500台だった。17年末にフルモデルチェンジした広汽トヨタのセダン「カムリ」が好調だったのをはじめ、一汽トヨタのセダン「カローラ」やスポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」も販売の伸びに貢献した。

12月単月の販売は、前年同月比15.2%増の12万3,700台。このうち一汽トヨタは0.3%減の6万2,100台、広汽トヨタは58.8%増の4万8,500台だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント