【台湾】近大、台湾の学生交流50周年記念エキスポを開催[社会](2018/12/24)

8105f342 53ce 46e0 a48c e076389528ff

近畿大学(大阪府東大阪市)は21日、台北国際会議中心(TICC)で台湾との学生交流開始50周年を記念した「近大エキスポ・イン・台湾」を開催した。世界で初めて完全養殖に成功した「近大マグロ」を題材にするビジネスフォーラムや、同大学の研究者による講演、さまざまな分野で活躍する卒業生・現役学生によるパフォーマンスなどが行われた。

オープニングセレモニーでは、同大学のパフォーマンスユニット「KINDAI GIRLS」がパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げた。また、近畿大学の細井美彦学長や台湾の葉俊栄教育部長(教育相)がスピーチをし、「近畿大学校友会」の名誉会長でもある日本の世耕弘成経産相も祝電を寄せた。

細井学長は台湾の若者に向けて「エキスポで近畿大学の魅力を感じ、学びの場の候補にしてほしい」とメッセージを送った。葉教育部長は教育分野の国際交流の重要性を訴えた上、「台湾と日本は教育分野でも密接に交流してきた」とコメント。世耕経産相は祝電で「近畿大学がエキスポを通して日台の友好を深めてくれることを期待する」と述べた。

近畿大学は1968年に通信教育部が台湾との交流を開始。その後も多数の留学生を受け入れるなど、かねてより台湾との交流を深めている。2017年には台湾経済部(経済産業省)と就職支援に関する覚書(MOU)を締結し、その一環として今年7月に学生の台湾企業への就職を支援するイベントも開催していた。

オープニングセレモニーでパフォーマンスを行う「KINDAI GIRLS」=21日、台北(NNA撮影)

オープニングセレモニーでパフォーマンスを行う「KINDAI GIRLS」=21日、台北(NNA撮影)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント