【マレーシア】パスポート紛失、最高1200リンギの罰金[社会](2019/01/07)

マレーシア政府は今月2日から、パスポートを紛失・損傷した場合、最大で1,200リンギ(約3万2,000円)の罰金を科している。6日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

罰金は紛失・損傷の回数によって異なり、1回目が400リンギ、2回目が700リンギ、3回目で最大の1,200リンギになる。「12歳以下の子ども」「海外で就学する21歳以下の学生」も回を重ねるごとに罰金額が上がり、1~3回目の罰金はそれぞれ300リンギ、600リンギ、1,100リンギ。

マレーシアではこれまでにもパスポートの紛失に対して罰金を科す案が浮上していたが、実現していなかった。統計局の調査によれば、2017年1~6月(上半期)にパスポートを紛失したのは3万1,287人で、うち72%の人がいつ、どこでパスポートをなくしたか分からないとしている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント