【韓国】ルノーサムスン、「ローグ」受託生産50万台[車両](2018/11/29)

韓国のルノーサムスンは27日、釜山工場で受託生産している日産自動車の北米向け「ローグ」の累計生産台数が50万台を突破したと発表した。同工場で生産台数が50万台を超えたのは1998年発売の「SM5」に次ぎ2車種目。

ローグの生産台数は15年が11万7,560台、16年が13万6,309台、17年が12万3,202台。今年は10万台以上が輸出される予定だ。

日産・仏ルノー連合(アライアンス)の戦略的協業の一環としてルノーサムスンが、ローグを2014年8月から生産している。韓国メディアによると、受託生産契約は19年9月までとなっており、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン氏の逮捕により再契約は不透明な状況だという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント