【韓国】輸入車8ブランド、今年の販売1万台超[車両](2018/12/10)

韓国で今年、輸入車の販売台数が急速に伸びている。11月までに販売台数が1万台を超えたブランドは8つと、1987年に輸入車販売が全面開放されて以降、最多となった。年間1万台は輸入車にとって最初の目標で、上位ブランド入りを意味する。

韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、18年1~11月の新規登録台数はメルセデス・ベンツが6万4,325台と最も多い。年間では7万台を超え、輸入車ブランドで過去最多を記録することが有力視されている。次いで、BMWが1~11月に4万7,569台。

2017年に4位だったトヨタが、1万5,196台で3位につけている。レクサスも1万1,815台と4年連続で1万台を超え、6位。両ブランドはハイブリッド車(HV)が好調だ。

このほか、フォルクスワーゲン(1万4,282台)とアウディ(1万1,893台)、ランドローバー(1万1,000台)、フォード(1万734台)も1万台を上回った。

輸入車全体の販売台数は1~11月に24万255台と、前年同期比13.0%増加した。年間では26万台に達する見込みだ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント