【カンボジア】華西集団、タイ・カシコン銀と金融協力[金融](2018/11/27)

中国四川省の建設会社、四川華西集団は15日、タイ銀行大手のカシコン銀行と中国・カンボジア地域での金融協力に関する契約を結んだ。華西集団が26日、発表した。

華西集団の陳貴林董事長(会長)は「平等互恵、相互補完、共同発展、ウィンウィンの実現の原則に基づき、(カシコン銀と)全面的交流を図っていく」と述べた。同社はカンボジアをはじめ、東南アジアでマレーシア、ベトナム、ネパールなどで事業展開している。

カシコン銀中国法人のウォンパット・ブンチャルーン頭取は「華西集団による東南アジアでの戦略発展計画はカシコン銀のネットワークと重なる。双方はいずれも(中国の現代版シルクロード経済圏構想)『一帯一路』の受益者になる」と強調。華西集団と全面的な戦略協力関係を結ぶことで、同社が東南アジアの建設市場でブランドの影響力を高めていきたいと説明した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント