【ミャンマー】MPU、銀聯と提携で国際カードを発行[金融](2018/12/03)

ミャンマー中央銀行主導の決済機関ミャンマー・ペイメント・ユニオン(MPU)はこのほど、クレジットカード大手の中国銀聯(チャイナ・ユニオンペイ)の海外決済部門、銀聯国際(ユニオンペイ・インターナショナル)と提携し、海外で利用可能な「MPU銀聯プラチナムデビットカード」の発行を開始した。ミッジマ(電子版)が伝えた。

カードはミャンマー・エーペックス銀行(MAB)と銀聯国際が共同で発行する。MPUのゲイリー・フォン取締役副社長(個人顧客担当)は11月27日に最大都市ヤンゴンで開いた発表式典で、「世界170カ国・地域の店舗での支払いのほか、現金自動預払機(ATM)260万カ所での現金引き出しに使用できる」と説明した。

MABの幹部は「カードの保有者は、海外旅行時の支援サービス、ゴルフやコンサートの予約などの特別サービスを受けることもできる」と説明した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント