【韓国】全経連に特別委員会、南北経済交流に向け[経済](2018/11/09)

韓国の経済団体、全国経済人連合会(全経連)は7日、南北朝鮮の経済協力の推進を目的とする「南北経済交流特別委員会」を発足した。金剛山観光や開城工業団地など南北経済協力事業の再開を盛り込んだ文在寅(ムン・ジェイン)政権の「韓(朝鮮)半島新経済地図」構想の実現に向けて歩調を合わせる。

南北経済交流特別委員会では今後、南北の経済協力に向けて財界からの意見を政府に提案したり、南北間で実施する共同プロジェクトを発掘したりしていく。

初代委員長には、鄭夢奎(チョン・モンギュ)HDC(現代開発産業)が就任した。鄭会長は、現代グループの創業者、鄭周永(チョン・ジュヨン)氏の甥(おい)。鄭会長は発足式のあいさつで、「故・鄭周永会長が1,001頭の牛を引き連れて北朝鮮訪問した1998年から今年でちょうど20年目を迎えた。経済を通じて分断された民族の壁を乗り越えるという(鄭周永会長の)の遺志を受け継ぎたい」と話した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント