【香港】「宮崎フェア」で県産食材をPR、18日まで[食品](2018/11/07)

F28d6152 6c1e 4f07 9271 adc147514baf
宮崎県は香港の日本食店で県産食材を使ったイベント「宮崎フェア」を18日まで開催している=6日、セントラル(NNA撮影)

宮崎県は香港の日本食店で県産食材を使ったイベント「宮崎フェア」を18日まで開催している=6日、セントラル(NNA撮影)

宮崎県香港事務所は18日まで、香港の日本食店で県産食材を使ったイベント「宮崎フェア」を開催している。6日にはメディア向けに試食会を開き、こだわりの県産食材を使用した料理を振る舞いPRした。

宮崎フェアは香港島セントラル(中環)の蘭桂坊(ランカイフォン)にある日本食店「文~FUMI」で始まった。県から宮崎牛やみやざき地頭鶏(じとっこ)、西米良サーモン、佐土原ナス、パパイヤなどの食材を提供する。

このうち、今回のイベントではぶどうカンパチなど海産物を目玉として据え、肉や野菜だけでなく、海の幸の美味しさも香港の消費者にアピールしたい考え。

宮崎県香港事務所の井野寿俊所長は「香港の中心地で幅広くPRし、いろいろな方に県の魅力を知ってもらいたい」とコメントした。

日本の魅力を香港に伝えるイベント「日本秋祭in香港」の一環として、10~11日に開かれる「ランカイフォン・ジャパン・カーニバル」では県産品の妻地鶏、まるみ豚の餃子を販売。期間中はFUMIの店内で都農ワイン、宮崎茶のテイスティング・プロモーションも行う。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント