スタートアップの資金調達・ビジネスマッチングサイト

【台湾】トランスコスモス、新北に新サービス拠点[サービス](2018/11/07)

「江子翠センター」の開幕式典に臨むトランスコスモス台湾の植田克郎総経理(中央)ら=新北(同社提供)

「江子翠センター」の開幕式典に臨むトランスコスモス台湾の植田克郎総経理(中央)ら=新北(同社提供)

ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)大手、トランスコスモスの台湾法人、台湾特思爾大宇宙(トランスコスモス台湾)はこのほど、新北市板橋区に電話やチャットによるカスタマーサービスを行うコンタクトセンター「江子翠センター」を開設した。2023年までにオペレーションブースを1,000席規模まで増やす。

江子翠センターにはオペレーションブース190席を設け、受注受付やアフターサポート、リコール対応、テレセールス、調査などの代行サービスを中国語、台湾語、日本語、英語で行う。電話やメールに加え、フェイスブック(FB)や無料通信アプリ「LINE(ライン)」でのチャットにも対応する。

トランスコスモスの担当者によると、チャットサービスでは人工知能(AI)を使った自動応答システム「チャットボット」も活用し効率化を図るという。またチャットでのサービスではデータが残るため、マーケティングへの活用も期待できるとした。

トランスコスモス台湾の植田克郎総経理は開所式で、「今後は既存のデジタルマーケティングや電子商取引(EC)サービスと連動させることで、台湾でもデジタルを軸に公告からサポートまでワンストップで提供する独自の企業向けサービス『DECサービス』の展開を進めていく」と意気込みを語った。

トランスコスモスは16年9月、100%子会社のトランスコスモス台湾を台北市大安区に設立。台湾市場向けにデジタルマーケティングサービス、ECサービスなどを提供している。

関連記事

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント