【韓国】現代自、SKとEV専用の充電スタンド構築[車両](2018/11/01)

168df912 88db 4b76 9bed 2689124ab1bb

韓国の現代自動車は10月31日、ガソリンスタンドの運営などを手掛けるSKネットワークスと共同で電気自動車(EV)専用充電スタンド「モビリティー・ライフスタイル充電所」を構築すると発表した。既存のガソリンスタンドを充電スタンドにリモデリングする。これまでのEV用充電所は、駐車場の一角に充電器を置いたり、ガソリンスタンドに併設したりする方式だった。

ソウル市江東区吉洞にあるSKネットワークス直営のガソリンスタンドを「モビリティー・ライフスタイル充電所」の1号店としてリモデリングする。その後、全国のガソリンスタンドに拡大していく計画。現代自によると、EV専用の充電スタンドは、世界で初めてという。

現代自は、専用充電スタンド向けに350キロワット(kW)級の高速充電器を新しく開発する。70kW級のバッテリーを搭載したEVなら、約20分で80%以上の充電能力があり、充電時間も従来の充電器に比べて30%ほど短縮できるという。充電予約や決済、車両診断などができる専用のアプリケーションも開発する。

現代自の関係者は、「今後もSKネットワークスとの協業を通じ、EV普及の加速や充電インフラの拡充に力を入れていく」と話した。

現代自はガソリンスタンド大手のSKネットワークスと提携することで、EV充電スタンドの普及を加速させたい考え(現代自提供)

現代自はガソリンスタンド大手のSKネットワークスと提携することで、EV充電スタンドの普及を加速させたい考え(現代自提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント