【インドネシア】日本触媒、アクリル酸の生産設備増強へ[化学](2018/10/30)

日本触媒は29日、バンテン州チレゴン市で操業する現地法人ニッポン・ショクバイ・インドネシアの工場敷地内で、高吸水性樹脂やアクリル酸エステルなどの原料となるアクリル酸の生産設備を増強すると発表した。年産能力を現在の14万トンから24万トンに引き上げる。投資額は約2億米ドル(約224億円)。

新たな生産ラインは2021年3月末に完工、同年11月の商業運転開始を予定。日本触媒の関係者は「アジア各国でアクリル酸の需要が高まっており、既存の設備や立地、費用などの条件からインドネシア工場での増強を決めた」と説明した。生産したアクリル酸は主に日本を含むアジア圏へ輸出するという。

稼働後は、グループ全体のアクリル酸の年産能力が98万トンとなる。内訳は国内が54万トンで、海外が44万トン。増設によりグループ全体で数%の増収を見込んでいる。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント