【タイ】資生堂がコスメ新ブランド、王女とコラボ[化学](2018/11/12)

4a589b94 48db 41de 8094 ea567e9979dc
資生堂がシリワンナワリー王女と開発した新ブランド「SHISEIDOxシリワンナワリー―プリンセス・ハナヤカ・コレクション」(同社提供)

資生堂がシリワンナワリー王女と開発した新ブランド「SHISEIDOxシリワンナワリー―プリンセス・ハナヤカ・コレクション」(同社提供)

資生堂タイランドはこのほど、ワチラロンコン国王の娘であるシリワンナワリー王女とコラボした新たな化粧品ブランドを発売した。ターゲットは購買力の高いミレニアル世代で、主力のスキンケア製品に加え、メーキャップ製品の販売も強化していく方針だ。

長尾達樹社長が7日、NNAに説明したところによると、新ブランド「SHISEIDOxシリワンナワリー―プリンセス・ハナヤカ・コレクション」を2日に発売した。ラインアップはアイカラーパレット(3,500バーツ=約1万2,000円)、チーク(2,500バーツ)、リップ(2,500バーツ)。ファッションデザイナーであるシリワンナワリー王女が商品のデザインや色、使用感などの開発に協力した。

新ブランドは、タイ国内の資生堂カウンター40カ所と、免税店「キングパワー」やシリワンナワリーブランドのポップアップストアで販売する。売上高目標は非公表としている。

長尾氏はタイの化粧品市場について、「タイの人々は美容への意識や関心が高く、安定的な経済成長を基盤に、化粧品市場は今後も継続的な成長が見込まれる」と指摘。「この背景を踏まえ、資生堂タイランドでは強みであるスキンケアに加え、メーキャップをさらに強化していく」と述べた。今月半ばにはバンコクの商業施設「サイアム・センター」にタイ初の独立店を開設する計画だ。

英調査会社のユーロモニターによると、タイの2016年の美容市場は48億米ドル(約5,460億円)。このうちプレステージのブランドが20%を占めた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント