【タイ】豊田通商、飼料原料の販社設立[農水](2018/10/29)

豊田通商は26日、タイの飼料製造SPMフィードミルと共同で、タイ西部ラチャブリ県に飼料原料の販売会社PGアグロを設立したと発表した。畜産農家や飼料の製造会社へ販売する。豊田通商がタイで飼料原料を販売するのは初めてという。

PGアグロは資本金4,800万バーツ(約1億7,000万円)で、SPMが51%、豊田通商が25%、豊田通商のシンガポール法人豊田通商アジアパシフィックが24%を出資した。従業員は26日時点では5人。マネジャー職として豊田通商から1人出向している。

PGアグロは豊田通商から調達した飼料原料を、SPMなどのタイの飼料製造会社や畜産農家へ販売する。PGアグロは主に大豆かすを調達する。タイでは食肉消費量が伸び、そのうち8~9割を鶏肉と豚肉が占めている。養豚用の飼料市場も拡大しているといい、タイでの安定的な飼料原料の供給を目指す。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント