【インドネシア】ホンダ「ブリオ」、来年にベトナム輸出[車両](2018/10/25)

420e4ba5 0dc4 43ae ac3e 029a865c7e45

ホンダのインドネシア四輪製販法人ホンダ・プロスペクト・モーター(HPM)は24日、インドネシアで生産する小型車「ブリオ」を来年上半期(1~6月)からベトナムに輸出する計画を発表した。ブリオの輸出先としては、ベトナムが初めて。

HPMは、8月に開催された国内最大のモーターショー「ガイキンド・インドネシア・インターナショナル・オートショー(GIIAS)2018」で、ローコスト・グリーンカー(LCGC)政策適合車「ブリオ・サティヤ」とシティーカー「ブリオRS」の新モデルを発表した。2012年に発表して以来、初めてのモデルチェンジとなる。

新型ブリオは西ジャワ州カラワンの工場で生産されている。10月から引き渡しが始まった。

HPMがインドネシアで生産販売しているシティーカー「ブリオRS」(同社提供)

HPMがインドネシアで生産販売しているシティーカー「ブリオRS」(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント